マンハッタン、ブルックリン、クイーンズに住んだわたしが教える、留学生向けNYCでのアパート探しの仕方

備忘録がてらざっくりとこのカオスな街でのアパートの探し方をざっとまとめます。この記事で対象としている人は大きな収入がない留学生や学生です。働いている人はまた違う探し方があると思います。

わたしは大学院に行っていたころに学科のアンバサダーをしていました。そのときに入学を考えている人からくる質問のトップ3には必ず君臨するのが「この街でどうやってアパートを探すのか?」です。

もう何度も何度も言っていますけどニューヨークシティっていうのはカオスです。お洒落じゃありません。いつまでもこの街をお洒落だと思っている人は、この街の泥臭い部分をスルーしてきたってことですね。

①この街や国に来たばかりで、「普通」にアパートを借りるのは無理だと思ったほうがいい

普通にアパートを借りるというのは、ブローカーや不動産屋を通して契約することですね。いいアパートになればなるほど、手数料がかかりますし、いいクレジットが必要になります。この国に来たばかり、とかでしたらいいクレジットスコアはないでしょう。または社会人経験がなくてそんなにお金がないという人も馬鹿高い手数料をまかなえる金銭的な余裕はないと思います。

いいクレジットスコアや金銭的な余裕がある人は、お金をかけて探すといいと思います。そのほうが楽ですから。この街はお金がないとしんどいんですよ。

それじゃあお金もクレジットスコアもないのにどうやってアパート探すんだ?

②各オンラインサイトを駆使する

CraigslistとかFacebookなどのパブリックな掲示板とかはカスです。スパムばっかり。変な気持ち悪い人ばかり。これぞNYC。

たまーにまともな人が募集しているので、それにしがみつくしかありません。

大学にもよると思いますが、大学ごとのFacebookのお部屋掲示板があります。この掲示板は大学のメールアドレスがないと入れないので、比較的健全です。4月〜8月はリースが切れるところが多いので、部屋探しシーズンでいろんな人が部屋情報を投稿しています。

日系でしたら、MixBがいいです。こちらもまともなのが多い。日系の変なブローカーや会社に金を毟り取られないように気をつけてください。

まったくこの街に知り合いがいない最初は、こういうルートで部屋を探すのがベストです。

掲示板関連での連絡の取り方

部屋探しサイトでいい部屋を見つけたとします。どうやって連絡を取ればいいのでしょうか?人間としての最低限のルールですけど、きちんと自己紹介はしましょう。そうしないと無視されます。Is this room still available?のみで送っちゃダメですよ。このセリフは本当にうざいです。あんた誰ですか?と言いたくなります。

例文:My name is ---. I am a new graduate student at --- university. I am currently looking for a room in NYC starting September 1st. And I am interested in this room! I am a non-smorker and always keep my room clean. I will have classes until 7pm and won't be in the apartment during the day. Can I ask you some questions about the room? Thank you! Have a great day. 

必要最低限このくらいのことは書かないといい部屋は見つからないと思ったほうがいいです。

ダメ例文1:Is this room still available?

ダメ例文2:I am interested in this room. 

気をつけてください。わたしならこの二つのメッセージのいずれかが来たら無視します。

④この街での部屋探しは競争

あなたが連絡した部屋の投稿に連絡をした人は、あなただけじゃありませんよ。ひとつの投稿に最低でも3−4件の連絡は入っていると思ったほうがいいです。多いところだと10件とか。なので早め早めに動かないと、いい部屋やまともなオーナーの部屋はどんどん埋まっていくんですよ。

例えば「来週まで決断するのを待ってほしい」とか言うと結構やばいですよ。アパートのオーナーは友達じゃありませんから、待ってくれませんよ。Okay!とか言って待っているフリをして、他に部屋を見に来た人がいてその人がよかったらその人で決まっちゃうとか、普通の光景です。オーナー側も人を早急に入れるのに必死なんです。

もたもたしていたらダメなんです。サクサクっと決めるのがこの街でのアパート探しの掟です。即決するのめちゃ大事。興味ないところはさっさともう興味ないと伝えるのも大事。

⑤気に入ったらさっさとデポジットを払うべし

部屋の見学に行くときは小切手を持っていくのを勧めます。見に行って気に入った部屋があれば、その場でデポジットを支払うための小切手を手渡せるからです。他の街は知りませんが、この街で部屋を確定させるのに必要なのはデポジットです。デポジットを払うということは、その部屋に引っ越す確かなる意思を証明するということなんです。

ちなみにこのカオスな街、都会のくせに結構な現金社会。現金をPreferする人も結構いますから、その辺は柔軟に対応してください(ちなみにわたしはこの街でブルックリンに住んでいたとき以外はデポジットはもちろん、毎月の家賃も現金をATMへおろしに行ってましたよ。。)

逆を言うと、部屋には興味があるけどデポジットを払わないと言うことは、オーナー側からすれば「この人はこの部屋に興味がない」という風にも解釈されます。

例:クインズでいい部屋を見つけた。まとまったお金がないから、デポジットはお金が来てから払うとオーナーに伝える。払えるお金を用意できたのはそれから4日後。払いに行く連絡を入れたら、4日間の間に別の人がデポジットを払ったからもうその部屋には入居できなくなった。

という話もあります。ご注意を。

⑥おまけ:NYC地区別家賃(2020年現在)(わたしが見てきた大体の価格)

この街には冷房や洗濯機が部屋にないことはよくある話です。洗濯機はアパートビルにあればまだマシです。なければLaundromatに行かないといけません。冷房・洗濯機がつくと家賃が高くなることが多いです。

・マンハッタン

学生が住むようなところの相場は大体1600ドル〜。1500を切るところもあると思いますけど、超狭いとか窓がないとかの訳あり物件。この街、窓がないとか一切日光が入らない部屋は多いですよ、ふふふ。

日光をきちんと部屋に入れて、ベッドと机が置けるような人間らしい暮らしのためには最低でも2000ドルは必要だと思ってください。

ハーレムとかになるとまた家賃相場は違いますが、あの辺もジェントリフィケーション進んでいるんで甘くは見ないほうがいいです。

わたしは大学院の友人やデーティング相手を通してマンハッタンの数々の部屋を見てきました。いやほんと狭い。ベッドとタンスしか置けないような部屋に1500ドルとか払っているんですもん。そこまでしてマンハッタンにこだわるのか。。まぁ立地は最高だったりするんですけどね。

・クインズ

ロングアイランドシティは高いです。ジャクソンハイツ、ウッドサイド、アストリア、エルムハーストが狙い目です。交通の便もいいですから。治安もそんな悪くないはず。相場は大体700〜1000ドルくらいです。700切ると訳ありだと思ったほうがいいと思います。

ジャマイカ、Fresh Meadows周辺も悪くはなさそうですけど、まぁマンハッタンまで遠いのが厄介ですよね。わたしはかつてマンハッタンからジャマイカまで通ってましたけど、まぁ遠かったな〜。

・ブルックリン

ウィリアムズバーグとかプロスペクトパークのあたりは高いです。マンハッタンとなんら変わらない。わたしはベッドスタイにいましたけど、830ドルでまぁそんな悪くはなかったです。交通の便はクインズよりもよかったですね。冷房と洗濯機がないのはしんどかったけど。

治安には気をつけてください。きちんとリサーチしてください。

ブロンクス

・スタテン島

住んだことも部屋探しをしたこともないのでわかんないです。すいません。

 

以上です。